お読み下さい

このページは貴美月カムイの官能小説のサイトです。
性的な表現や記述が含まれますが、観覧は自己責任で選択してください。

トップページはこちら

メニューページへ

ブログ記事

「明日は明日」

 

 今日コウキがデートに誘ったハルミは、出会ってからずっと不機嫌だった。恋人同士の気兼ねない誘いだったが、マンネリ化を止めるお洒落気もないコウキには、暇を見つけてはハルミとどこかに出かけるくらいしか、彼女を楽しませられなかった。

 楽しいだろうと思い込んでいるのはコウキだけで、誘う場所もそれほど代わり映えがしない。食事もこじんまりした和風のお店で、そばやうどんが多く、和食の創作料理というところまでの広がりがない。連れて行く場所も、なぜか海が多い。コウキが海へと行くと、コウキばかりが喜んで、ハルミのしらけた雰囲気も感じ取らずに饒舌になる。

 ハルミはそんなコウキの姿を見ながら、とことん「女心の一つもわからない男」と心の中では冷ややかに苦笑していた。

 コウキが一方的にほれ込んで、押しに押して落としたハルミだが、それだけにハルミとの時間を大事にしようとして、楽しもうとした。ハルミが唯一楽しそうにしているのは、服とか服飾品とか少し高めのレストランとか、それらをコウキのお金で楽しんでいるときだけで、コウキが無理をするにも限界がすぐ見えるようなとこばかりで、長続きはしない。それでもコウキは彼女の顔やスタイルや時々やや斜め上に視線を向けながら何かを思うようなつれない仕草が大好きだった。今で言う、怒っているようなふりをして実は内心大好きだという「ツンデレ」タイプの人かとコウキは思っていた。

 コウキはハルミに嫌われているとはまったく思ってはいなかった。なぜなら時折応じるセックスもしっかりと濡らして最後には自分から求めだすからだ。きっと、なんだかんだいって好きに違いないとコウキは思っていた。

 日も暮れてきて、コウキは「今日もきっとハルミを楽しませられただろう」と思い、ウキウキしながら車をラブホテルへと走らせると、ハルミは重たいものを引きずるように途切れ途切れに切り出した。

「あの、さ。ホテルいくの?」

「そうだけど。都合悪かった?」

「うん。…もうやめたい」

「え?もうやめたいって?」

 「何をやめたいのだろう」と思いつつ車を走らせながらも妙に切ない不安がコウキを襲っていた。ハルミの雰囲気はコウキの冗談を飛ばすような言葉を受け付けないほどに切羽詰っているように感じた。そのハルミから伝わってくる重苦しい雰囲気を感じるごとに、まるでじわじわと胸に広がる渋く苦しい痛みがコウキの落ち着きを奪っていった。

「もう、…降ろして。自分で帰るから。あと…さ、別れたいの」

 ハルミの言葉は、コウキが予想すらしなかった言葉だった。「えー?冗談でしょー」なんて軽口を叩こうものなら、一生後悔しそうな張り詰めた空気だった。それゆえに何も言えずに車を走らせていた。

 コウキは心の最後の強がりから、笑いながら胸の痛みにこらえていた。別れたいとはもちろん恋人の関係を解消したいということだ。認めたくないが、絶対そうだ。コウキはそれでも本当に別れたいのかを確かめたかった。

「何言ってるの。どうしてさ」

「決まってる。一緒にいてもつまらないから。サイテイ」

 くどくどと理由を説明されるよりも、短い言葉のほうがグサリと胸を刺した。「つまらないから。サイテイ」という言葉ですまされてしまうほど自分の価値はハルミにとってなかったのだと思うと泣きそうになっていた。このままアクセルを踏んで電信柱にでも突っ込みたい気分だった。ハルミと一緒に死んでしまおうかと思えるほどで、ハンドルを握っている手が震えていた。

 二の句を告げられないコウキは「わかったよ」と言って街中でハルミを車から降ろした。ゆれるハルミの髪を車の中からしがみつくように見入っていたコウキは、未練たらたらだったが、コウキとは対照的に未練もなくコウキを拒むハルミの背中を、コウキは追いかけることはできなかった。

 その晩コウキは女のように泣きじゃくりながらも、枕を蹴飛ばしたり投げ飛ばしたりしながらうさばらしをしたが、気持ちが晴れることはなかった。

 

「それでさ、その夜眠れなくて、やっぱり彼女とうまくできるんじゃないかと思って電話かけたら、この番号は現在使われておりませんだとさ。メールもアドレスなくて返ってくるし、なにもかも切ないって」

 バーで強い酒を飲みながら、くだをまいているコウキはバーテンとマスターに散々成り行きを愚痴っていた。

「それで、びっくりしたのが、諦め切れなくて彼女のマンションに行ったら、もう引っ越したって。そこまでするのかって思ったよ。俺ってそんなにつまらない男なのかな」

 マスターはコウキ少し鬼気迫るような雰囲気を受け取り、ストーカーになるのではないかと内心思いながら、表向きは神妙そうな顔をして「人生しょうがないことってありますよ」と無難な言葉をかけて慰めていた。

「本当に大好きだったんだよ。最初で最後の惚れた女だったし。もう女なんていいわ。もう絶対恋愛しない。女なんて俺にはいらねえよ。どうでもいいわ」

 コウキがぐたりとカウンターにへたり込むと、同じくカウンターに一人で座っていた女の人が「その人はひどい人ですね」と、きりっとこちらを見つめながら言ってきた。コウキは「女の人に声をかけられた」と少々の嬉しさから顔を上げて声のしたほうへと振り向いた。

 ハルミがスレンダーだとしたらこちらの女の子はあどけなさが残るかわいい感じがした。服で隠れてよくわからないが、胸のふくらみに思わずコウキは目がいってしまった。脱ぐと手に余るほど大きいのではないかと思った。

 コウキは内心こういう子も悪くないなと、先ほどの言葉を完全に忘れて合格点をつけていた。

 女の人は、うるると瞳をにじませて、うっとうつむきながらしゃべりだした。

「私、ホストに騙されました。あんなに優しくておもしろい人だったしプレゼントもいっぱいしてくれたのに。どうして信じてしまったんだろうって思います。一生懸命私も尽くしたのに、他の女の子のことうるさくいったら、もういいって言われてそれっきり・・・」

 女の人が話し終えた後、一瞬長いかと思われる沈黙が流れたが、コウキは同士を得たようで安心していた。仲間がいた上に、その仲間はとてもかわいい。バーテンは二度も「しょうがない」の言葉で済ませられず、「大変な目にあいましたね」と声をかけたが、この手の女性があふれるほど眺めてきていたので、また被害者が一人、といった冷静な目で見ていた。

 それからしばらく、お互いに別れた恋人のことで盛り上がりに盛り上がっていた。もはや誰も寄せ付けぬ、お互いの元恋人の罵詈雑言の嵐のようなもので、言葉もだんだんと酔いとともに暴力的で品がなくなってきていた。両者とも酒の杯がぐいぐいとすすみ、どれぐらい飲んだかわからぬほど、へべれけになって二人で寄りかかりながら店を出た。

 言うだけいって、心の鬱憤を晴らした二人は酔っ払いになると突っ込んだ下ネタも気にならなくなっていた。先ほどの会話の中でもエッチな話題というものが出ていたせいか、互いに露骨に話題に出している。二人で外の人ごみの中にいるにもかかわらず、陽気に笑いあいながら歩いていた。当然酔っ払っているので周囲の迷惑などおかまいなしだ。

「よし、今日は二人で慰めあうか。シックスナインで」

「うん。あたしの味わったら病み付きになるよ。あたしこう見えても凄いうまいんだから。バキュームで吸い上げちゃう」

「じゃあ俺も汁を余さず吸い上げて飲むから覚悟しろ」

「あたしに締め上げられたらどんな男だってイクんだから」

「俺だって奥まで突いてやるよ」

 冗談とも本気ともわからないまま、勢いとのりで二人の足はホテルに向かう。ホテル街に入ってくると雰囲気が変わるが、二人の陽気さはそのままでむしろ女性のほうが、「あそこがよさそう」「ここはセンス悪そう」と、どこに入るかを選んでいた。

 お互い名前も知らないまま、「ここがいいよ。ここが」と、女性の手の引かれるままにコウキはお城のような外観のホテルに入っていった。西洋の宮殿風を意識したのだろうか、部屋の中までよく行き届いて装飾が施されていて綺麗だった。屋根つきのレースで飾られたベッドは、これからの二人の淫らな行為を期待させるにはどこか高貴でアンバランスだったが、それだけに二人の興奮をあおった。王族の寝室をイメージさせるような綺麗な部屋だった。

 コウキも勢いがあって、尻込みせずに女の服を引っ剥がすように脱がしていき、女もコウキの服を剥ぎ取るようにして取っていった。やはり男のほうが脱ぐのが早い。女はブラジャーに手をかけたところで、コウキは全て脱いでいた。飛び散った自分の服を見ながらいささかフライング気味かと思ったコウキの多少の戸惑いが見えたのか、女は「ごめん。待ってね」と言いながら、早めにブラジャーを取った。その時、大きな胸がぷるんとゆれて目の前に現れ、思いもかけぬ大きさに興奮しながら眺めているコウキの視線の前で女はパンティーを脱ぎ捨てる。

 女がパンティーを脱いだのを合図にコウキが女の乳首にしゃぶりつくと、女は「待って、シャワー」と言いかけたが、間髪いれずにキスで口を塞いで女を持ち上げ、ベッドへと運び、放り投げるようにしてベッドへと寝かせ、無理やり足を両手でこじ開け秘部を吸いたてた。

「やっ、ダメ!ああんっ・・・汚いよ」

 女のか細く響く抵抗と、声高に響くあえぎ声の前にコウキはすでに、ぷっくりと腫れ上がった秘部のピンクの突起へと口をつけて舌で激しく舐めまわし責め立てていた。

「ダメダメダメ!そんなにしたらいっちゃう、いっちゃう、いっちゃう!」

 女の悲鳴にも似た快楽の声が部屋中に響く。体をふるわせながら女は余計に汁をしたたらせる。コウキは興奮冷めやらずに、そのまま雄々しく勃起したものを入れようとすると、女に肉茎を掴まれ、静止させられた。

「ダメ。あたしの番」

 そう言って女はコウキを押し倒し、上に乗って自らコウキの勃起したものを秘部へと導きいれた。

「あああん・・・届くぅ・・・」

 女が腰を上下に振り出したときにコウキは上に持ち上げられそうなほどに強い女の秘部の吸い付きに驚いた。今までに感じたことのないほどの快感が全身を駆け巡った。

「ふふふ・・・どう?凄いでしょ。いっぱい締め付けてあげる」

 先ほどの責められているときの顔とは打って変わって女の妖艶な微笑みはコウキを圧倒した。今はただ女の腰の動きごとにくる快楽に身を任せるしかなかった。細かな膣内のひだが絡み付き、吸い付あげるようにしてうごめく。コウキは激しい責めに、もうイキそうになっていた。

「俺、こんなに感じるなんて初めてだよ。なんかピタッと合うみたいに、ああ、凄い」

「私も・・・なに・・・この吸い付いてくる感じ・・・初めて・・・」

 互いに言葉で表すことのできない心の磁力を感じていた。互いに欠けてしまったものが隙間なく埋まってしまったような感じを受けていた。充実した高まりを二人は感じ、同時に果てた。出会ったばかりなのにずっと知っていたような充実した心を感じた。

 互いに大きく息をしながら、優しいキスを交わして、名前を呼ぼうとしてお互いに名前を知らないことに気がついた。二人とも笑いながら名前を言い合った。

「言葉じゃないんだね。目に見えない、糸よりも強い何かなんだね」

 そう女が言うとコウキは「さっきまで何で悩んでいたんだか忘れたよ」そう言って笑い合い、酔いの眠気が最高潮に達して二人同時にまどろみの中へと深く落ちていった。

 朝目覚めてからというもの、二人の求めは激しく、止まることを知らなかった。夕方になり、ようやく二人の空腹が愛欲よりも勝ったときに、何か食べようと言う話になった。

 外に出て、「私の行きつけのアジアンレストランがあるから、そこで何か食べようよ。おいしいんだよ」と言って女の紹介してくれた店に向かった。途中でコウキの腕に絡みつきながら、「こんなことってあるんだね。運命の出会い。今度は本当に強く感じる」と言われコウキは強く同意しながら、「もう離さないからな」と昨日から見れば調子のいいことを言っていたが、二人ともあふれんばかりの幸福に包まれていた。まるで純粋に愛だけを表現しあう熱いカップルにしか見えなかった。

 女がレストランのドアを開けると、「チリンチリン」とドアが開いた。レストランと言ってもカウンターがあり、酒瓶もずらりと並んでいるのでバーに近い印象をコウキは受けた。

 短髪の体つきのいいマスターが出てくると、びっくりしたような顔をして指を指してきた。

「あれ?ユカちゃん、この前男なんて絶対信じない、もう一生男なんていらないって言ってなかったっけ?」

 コウキは自分のことも忘れて「え?」とユカへと振り向くとユカは「運命の人見つけちゃったの」と言って、エヘヘと笑った。

「ええ・・・でも、あんなに泣いて・・・」

 とマスターが唖然としながら言いかけると、すかさずユカは、

「前は前!あたしはもうコウキのことしか信じないんだから!ね?コウキ」

 そう言いながらぎゅっとコウキの腕にしがみつきながらユカは言った。マスターは「次の日のことはわからんもんだね」と言いながら「ふっふっふっ」と幸せそうな二人をにやけながら見ていた。




フェチ外来
動画 アダルト動画 ライブチャット