お読み下さい

このページは貴美月カムイの官能小説のサイトです。
性的な表現や記述が含まれますが、観覧は自己責任で選択してください。

トップページはこちら

メニューページへ

ブログ記事

「チャイコフスキーの薔薇」

 

「おじいちゃん。今日は食べたいものありますか?」

 ヘルパーのリサの声に返事すらせず、つまらなそうに椅子に座って窓の外を眺めている老人。

「今日のは、煮つけなんだけど、おじいちゃんのお口に合うといいんだけど…」

 老人はタケノコを一口含んで、お椀を投げ飛ばした。

「ごめんなさい。お口に合わなかったみたいね」

 リサは壁にぶつかって散乱した里芋や大根や人参の煮つけを丁寧に拾って、かろうじて割れなかったお椀に戻した。

 リサはそれらを洗ってタッパーに詰めた。もったいないので、いつも自分が食べていた。

「それじゃあ、もう帰りますから」

 見向きもしない老人に礼をして、ようやく車に乗り込んだ時には深いため息が出ていた。

(なんなの…いつもいつも…)

 不愉快な思いでいっぱいだったが、今日の報告をしようと孫娘のところへと行く。

「ごめんなさい。あなたで十二人目なんです。みんな、おじいちゃんがあんな調子だからすぐやめちゃって…」

「何か、理由があるんですか?」

「さあ?お父さんは小さい頃に養子に出されてしまって、おばあちゃんはもういないし、音楽をやっていたということぐらいしかわからないんです。お父さんには才能がないから家から追い出されたって」

「そんな…お気の毒に…」

「私は声が綺麗だからしきりに声楽をやれって言われているけれど、それでもおじいちゃんの機嫌のいい時しか近づけないし、なんか、大変なこと押し付けちゃってごめんなさい。でも、本当はとても優しいおじいちゃんなんですよ。変わっているだけで」

 高校一年生にしては随分と利発でしっかりしている子だなとリサは思った。肝心の息子であるお父さんには大変冷たくあしらわれるので、リサはこの子の真剣な思いに接するたびに、もう少しがんばってみようかなという気を奮い立たせていた。

 ある日、老人が珍しくテレビでニュース番組を見ているなとリサが思っていたら、男性キャスターが

「四月十七日、今日は何の日がご存知ですか?」

 とお決まりのように横にいる女性キャスターに振っていた。

「今日は千九百七十年、四月十一日に打ち上げられたアポロ十三号が、絶体絶命の危機から見事に地球に生還した日なんです」

 「そうなんですか」と白々しく答える女性キャスターの声に、映像とともに解説が始まる。

 船の電線がショートし、酸素タンクが爆発したことで、深刻な電力と水不足に見舞われながらも、的確な危機対処によって無事に地球に生還したという内容だった。映画にもなったのでご存知の方も多いと思いますが、との解説にリサも前に見たトム・ハンクスが出ていた映画を思い出していた。

「おじいちゃん、アポロ十三号に興味が…」

 と言いかけたところで、老人の異変に気がついた。

 ガタガタと震え、頭を抱えている。

「ど、どうしたの?大丈夫?おじいちゃん」

 リサが肩に触れようとすると、老人はリサを突き飛ばして立ち上がった。

 リサは驚き見上げると、老人は震えながら涙を流していた。

 リサを見つめる老人の目の奥には、何かを恨むような、それでいてとても悲しげな闇が感じ取れた。

 その後、老人は逃げるようにして部屋にこもって出てくることはなく、しかたなく帰ることにした。

「そうなんですか。アポロ十三号?いつの頃だろう」

「千九百七十年みたいですよ」

 とリサが言うと、孫娘は、

「ああ、それってお父さんが生まれた年ですよ!えっと、四月十一日が生まれた日です」

 と言ったので、リサは先ほど確かニュースで聞いたとはっとした。

「え?それって、アポロ十三号の打ち上げの日ですよ」

「そうなんですか?じゃあお父さんのことでずっと悩んでいたとか」

 二人とも淹れたてのエスプレッソを目の前にしてうなっていた。立ち上る湯気と香りが、優雅なロケットの噴出煙を思い起こさせるようだった。

 次の日、リサが老人の家に行くとどこにも見当たらないので家中を探して回った。そしてリサは一度も入ったことのない老人の部屋の前で立ち止まった。

(勝手に入っちゃっていいのかな。でもどこにもいないのだから、もうここにしか)

 リサがノックをして恐る恐る中に入ると、ふと目に付いたのは部屋中に飾られたトロフィーだった。

 随分とほこりを被っているが、賞状やトロフィーが所狭しと飾られている。

(うわあ…凄い…)

 ほこりまみれの部屋の中で、ぱっと目に付くものがあった。

 それは真新しい白い布で覆われた、リサの胸まである物体だった。

 罪悪感よりも、磁石のように引きつけられたリサは、布をふっとめくった。

 布に覆われていたのはチェロだった。まるで新品のような光沢に包まれ、太陽の光を滑らせるように反射させていて神々しさすら漂わせていた。その輪郭は、まるでトップモデルのような均整の取れた体つきで、女性らしさの中にも筋肉で引き締まった美少年のような面持ちすらも感じ取られた。

「何をしている!それに触るな!」

 背中からつんざくような怒号が響いたかと思うと、すぐさまリサは引き倒され、老人に馬乗りになられた。

「貴様!あれに触ったのか!あれに触ったのか!」

 鬼気迫るような剣幕に、リサは恐怖で圧倒されて泣いてしまいそうだった。

「触ってません!ごめんなさい!ごめんなさい!」

「出て行け!お前なんて出て行け!」

 老人のひどい言葉に、リサの心は完全に折れようとしていたが、老人と目が合ったとき、アポロ十三号の時と同じように、憎しみと悲しみを瞳の奥に見た。

「どうして、あれを恨むんですか?」

 恐怖で涙が止まらないリサが絞り出すように言った言葉に、老人の怒りがすっと消えた。

「どうして、知ってるんだ」

「だって、とても悲しそうで、怒りに満ちていて、恨みがこもっているようにも見えたから」

 老人はがっくりとうなだれた。

 それから、ゆっくりと立ち上がり、老人はベッドに座り込んだ。窓から差し込む光を受けて、老人の背は光輝き、しわでくぼんだ顔には影ができ、伸びた老人の影がチェロを覆っていた。

「そこに座りなさい」

 初めて老人がリサに優しい言葉をかけてくれた。リサが椅子に座ると、老人は話し始めた。

「あれは、千九百七十年のことだった」

(老人の息子が生まれた年だ)

 とリサは思った。

「その年に、チャイコフスキー国際コンクールがあった。この部屋にあるトロフィーや賞状は、それ以前のものだよ。私は国内でも天才ともてはやされたチェロ奏者だった。日本人で初めて、名誉あるチャイコフスキー国際コンクールでの一位獲得が期待されていた。そこにあるのは、もはや世界でも数えるほどしかない、ストラディバリウスだ」

「え?バイオリンじゃないんですか?」

 リサの疑問に老人は寂しげで優しげなほほえみを向けて言った。

「バイオリンのほうが有名だが、彼はヴィオラやチェロも作っているんだ。幻の楽器だよ」

「ずっと、磨いていらしたんですね」

 リサの言葉に、老人の影に覆われたチェロを見つめ、

「常に奏者が悪いんだ。楽器には罪はない。最高峰の楽器を操れない、奏者の腕が悪いんだ」

「何か、罪を感じていらっしゃるんですか?」

「アポロ十三号は危機に対処できた。命を見捨てようとせず、死ぬかもしれないと思われた状況の中でも、希望を忘れなかった。愛があるから、最後まで諦めなかった。だから、生還できた。だが、当時の私には愛がなかった。クラシックの枠組みを崩すようなこともやりながら、異端児と言われた。誹謗中傷もひどかったが、若かった私は自分の才能を信じていたし、絶対だと思っていた。音楽を愛していたのではなく、音楽を見下していた。プライドは、傲慢となっていた。その罰が、当たったんだ。万全だと思っていた。間違いないと思っていたコンクールの演奏最中に、突然弦が切れた。衝撃に自分の手は止まり、それ以上演奏できなくなった。そこにあるチェロが、裏切ったのだとずっと思っていた。しかしそれは違った。私が裏切っていたんだ。音楽を、愛していなかったから」

 リサは何も言えずに、老人の寂しげな顔から目を離せずに、ずっと見つめていた。

「私の名誉も、音楽家人生も、その時点で墓場へと埋められた。海外にも国内にも汚名は広がり、もはや挽回しようがなかった。マスコミも冷ややかに私のことを書きたてた。そういう状態で、子供と接するのは困難だった。酒びたりになって、廃人寸前まで落ちた。こんな年まで、生き延びてしまって、情けない限りだよ」

 リサは老人の言葉にしずしずと言った。

「そんなこと…ありません。私、聞きたいです。お願いです。演奏、聞かせてくれませんか。思い通りに、思ったとおりに演奏した音を聞きたい」

「しかし…」

 リサにはもう老人がチェロに向かうしか救いはないと感じていた。

「お願いです。なんでもします。精一杯の演奏聞かせてくれたら、なんでもします」

 自分でも言った言葉に驚いていた。

「いや、しかし、何でもすると言っても、あなたはよくやってくれているじゃないか」

「お願いします」

 リサは一心だった。ひどい振る舞いをしていても「よくやってくれている」と心の底では思ってくれていたことに、リサは涙が出そうだった。老人の行動は、すべて自分に対しての思いで、私に対してのものじゃなかったのだ。リサの中に、老人を抱き締めたい気持ちが芽生えていた。

 老人は深いため息をついて立ち上がり、チェロを見つめた。老人の脇から光が差し込み、チェロを半分輝かせた。

 チェロを持ち、ベッドに座る。まるで別人のように顔つきが変わっていた。

 出だしを少し聞いたとき、聞き覚えがあるとリサは感じた。

 チャイコフスキーのピアノ協奏曲第一番。それをチェロで演奏している。

 驚いたのはピアノのパートをすべてチェロで演奏しているうえに、老人なりにチェロ用に第二楽章を抜いて編曲していて、それも流れ込んでもなお溢れるようなピアノの音の激流を上回るようなチェロの激しく上下する音階にリサの体はざわざわと震え上がっていた。

 まるで人間技とは思えない、神の演奏を聞いているようだった。

 生まれて初めて音楽を聞いて息が震えて苦しくなり、全身に鳥肌が立ち、呼吸をし、乳首が少しでもすれると全身に快感が行き渡り、股の奥がじんわりと熱くなり、女の花びらの奥にある紅色の蕾が音の震えに反応して、叩かれているように感じている。

 老人の演奏がクライマックスに入っていく時に、リサは「はぁ、ああ!」と激しく息をし、もだえながら逝ってしまった。

 なおも続くクライマックスの激しさに、リサはもう一度逝くほどに感じた。

 老人の演奏が終わり、汗を垂らして息を切らせている。

 リサは下着に妙な冷たさを感じ、老人の演奏の感想をじっくり言いたい気持ちもあったが、早く下着を取り替えたくなった。これほど濡れたことはなかった。

(もしかしたら、潮でも吹いちゃったのかな…どうしよう…恥ずかしい)

「あの、先にお手洗い行ってきていいですか?」

 リサが顔を赤くしながら言うと、演奏の余韻残る凛々しい顔で老人は言った。

「ここで、脱いでくれないか?」

「え?な、何をですか?」

「逝ったんだろ。見ていたよ」

 リサは真っ赤になって何も言えなくなった。そうだ、自分は老人の前にいたんだ。そのことをすっかり忘れて演奏に圧倒されていた。

「見せて欲しいんだ。自分の演奏があなたにとってどれほどのものだったのかを」

 そう老人に言われ、断る気持ちが薄らいだ。

「わかりました」

 腹をくくりました、と言うように、リサはスラックスを脱ぎ、下着をおろした。

 下着はねっとりと糸を引きながら、股間の輪郭をしっかり濡らしてつけていた。

 リサは自分の下着を見て驚いていた。

「ありがとう」

 リサは老人の思わぬ言葉に「え?」と聞き返した。

「あなたは私に衝動というものを教えてくれた。弾きたい。聞かせたい。逝かせるほど感動させたい。そういう衝動を私に教えてくれた。本当にありがとう」

「そ、そんな…」

 リサは恥ずかしいやら嬉しいやら、わけがわからなくなりそうだった。早く下着をはきたいが、今脱いだのをはいても冷たくて気持ち悪いだけだった。

「なんでも言うことを聞いてくれると言ったね」

「え?」

 もうどうにでもなれ、とリサは思った。先ほどの神の演奏を聞いただけでも一生分の思い出ができたとすら感じていた。

「私の前で、先ほどの演奏を思い出しながらしているところを見せてくれないか?」

「わかりました。喜んで」

 

 数ヵ月後、マスコミに引っ張りだこの老人の姿があった。

 大きなコンサートホールには幅広い年齢層の人々で満席となっていた。

「あ、お姉ちゃん!いたんだ!」

 控え室に入ってきた老人の孫娘がリサに近づく。

「元気そう。今日は応援に来てくれたの?」

「うん。パパとママも一緒。お姉ちゃん、ずっとおじいちゃんの側にいてくれているんだね。ありがとうございます」

 孫娘の言葉に「うふふ」と微笑みながら入り口に眼をやると、両親が立っていた。

 孫娘が両親へと向き、リサへと言った。

「今日チャイコフスキーを演奏するでしょ?パパの持っている薔薇ね、チャイコフスキーって言う薔薇なんだって」

 老人の息子が大事そうに抱えている薔薇の花束は、赤々と燃えるようだった。

 薔薇の赤が、リサの中に燃えるように広がっていくようで、目をうっすらと閉じてふるりと震えた。

 老人の出番は、近い。




フェチ外来
動画 アダルト動画 ライブチャット